このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

副市長メッセージ 女性・子どもに対する暴力をなくそう

更新日:2021年11月12日

女性・子どもに対する暴力をなくそう

 11月12日から25日までの2週間は、女性に対する暴力をなくす運動期間です。今年度のテーマは、「性暴力を、なくそう」です。望まない性的な行為は性暴力であり、それは性別や年齢にかかわらず起こります。交際相手や配偶者から被害を受けることもありますので、「これは性暴力かな?」と思ったら、一人で悩まず相談窓口(#8891はやくワンストップ)に相談しましょう。
 また11月は児童虐待防止推進月間です。子どもへの体罰は法律で禁止されています。「これは児童虐待かな?」と思ったら、ためらわずに児童相談所(189いちはやく)、もしくは市役所内の子ども・家庭総合支援室(令和3年4月開設)へ連絡して下さい。子ども・家庭総合支援室では、子育てに悩む保護者や悩みを持つ子どもたちからの相談も受け付けています。
 女性(男性)に対する暴力も、児童に対する虐待も、相手を「下」に見る態度や同じ人間として尊重することをしない姿勢から生まれるのだと思います。子どもを含めどのような相手であったとしても、一人の人間として尊重して接することができているか、自分自身があらためて振り返る期間にしたいと思います。
酒田市では、「女性に対する暴力をなくす運動」や「児童虐待防止推進月間」を広めるため、日和山公園の六角灯台をパープル色(女性に対する暴力をなくす)とオレンジ色(児童虐待防止)にライトアップしています。また、市役所本庁舎正面玄関と交流ひろばでは啓発の展示をしています。DV(ドメスティック・バイオレンス)や児童虐待とは何か、どのような場面で起こりやすいのかなど、私自身も学ぶ機会にしていきます。

酒田市副市長 矢口 明子

お問い合わせ

地域創生部 地域共生課 男女共同参画係
〒998-0044 酒田市中町三丁目4-5 交流ひろば内
電話:0234-26-5612 ファックス:0234-26-5617

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る