このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

障がい福祉サービスについて

更新日:2019年10月1日

障がい福祉サービスは、介護の支援を受ける場合の「介護給付」、訓練等の支援を受ける場合の「訓練等給付」から成り立ちます。

障がい福祉サービスの種類

サービス利用までの流れ

1.相談

新規ウインドウで開きます。相談支援事業所や福祉課窓口、総合支所窓口でサービスの利用意向を相談します。

2.申請

申請用紙に必要事項を記入し、福祉課に申請します。申請は、相談支援事業所から代行してもらうこともできます。

3.相談支援事業所との利用契約

相談支援事業所は、利用者のサービス等利用計画の作成を行います。サービス等利用計画についてセルフプランを希望される場合は、利用契約は不要です。なお、以下の流れは相談支援事業所と利用契約した場合のケースで説明しています。

4.調査(アセスメント)

現在の生活や障がいの状況について、調査が行われます。

5.審査、判定

障がい支援区分判定等審査会が行われ、障がい支援区分(どのくらいサービスが必要な状態か)が判定されます。
なお、訓練等給付を希望する場合は、区分判定は行わず、本人の意向や状況を調査して支給量が決まります。

6.サービス等利用計画案の作成、支給決定

相談支援事業所よりサービス等利用計画案が作成されます。福祉課で計画案をを勘案したうえで、サービスの支給量などが決定されます。支給決定後、受給者証が交付されます。

7.サービス等利用計画の交付

相談支援事業所とサービス提供事業所との調整を経て、相談支援事業所から利用者へサービス等利用計画が交付されます。また、利用者はサービス提供事業所と利用契約を結びます。

8.サービスの利用開始

受給者証を提示してサービスを利用します。

9.モニタリング

計画作成後も、相談支援事業所が利用者を定期的に訪問しますので、いろいろな相談をすることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 福祉課 障がい福祉係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5733 ファックス:0234-23-2258

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


サブナビゲーションここから
サイトメニューここから

キーワードでさがす

サイト検索:キーワードを入力してください。

お気に入り

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る