このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

社会保険料控除

更新日:2021年1月4日

納税者本人又は生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払ったり、または給与から差し引かれたりするときは、支払った額の全額を社会保険料控除として申告することができます。

社会保険料として申告できるもの

  • 健康保険の保険料
  • 国民健康保険税
  • 後期高齢者医療保険料
  • 介護保険の保険料
  • 雇用保険の労働保険料
  • 国民年金の保険料及び国民年金基金の掛金
  • 農業者年金の保険料

※給与・年金から天引きされているものは引かれた本人にのみ適用となります。ご注意ください。

国民健康保険税などの納入時期について

前年中に支払った社会保険料等が対象となります。納付期日が到来した社会保険料等であっても、現実に支払っていないものは含まれません。
国民健康保険料の6期7期8期は納期限が次の年となっていますが、前年中に納付された場合は今年の申告に、今年に入ってから納付された場合は来年の申告に含めることになります。また、保険料の滞納や増額などの要因により過年度の保険料を納めた場合でも、納付した年の翌年の申告に含めることとなります。
申告の際は、領収書の日付の確認をお願いします。

保険料控除対象年度
納付日

控除対象年度

平成31年1月1日から令和元年12月31日

令和2年度

令和2年1月1日から令和2年12月31日 令和3年度

国民年金を2年分前納した方へ

2年前納された国民年金保険料に係る社会保険料控除については、納めた年に全額控除する方法と、各年分の保険料に相当する額を各年において控除する方法を選択することができます。
いずれの方法を選択した場合であっても、所得者本人が納めた国民年金保険料について社会保険料控除を受けるためには、日本年金機構が発行した社会保険料控除証明書を申告時に提示いただくことになります。

お問い合わせ

総務部 税務課 市民税係
〒998-8540 酒田市本町二丁目2-45
電話:0234-26-5712
電話:0234-26-5713
電話:0234-26-5714 ファックス:0234-26-5718

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

酒田市役所


〒998-8540
山形県酒田市本町二丁目2番45号
電話:0234-22-5111(代表)
開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、12月29日~1月3日を除く)
Copyright (C) City Sakata Yamagata Japan All Rights Reserved.
市へのご意見

フッターここまでこのページのトップに戻る